今なぜ社風づくりが重要なのか〜3つの時流〜

売上げ拡大・コスト削減・定着率UP・クレーム対策・生産性向上・事業承継
目の前の経営課題に振り回されていませんか?

改善計画を立てても実行のスピードが遅い、社員の士気が揃わない、クレームが続く、根本的な解決にならない。
そんなご経験はありませんか。どの階層の経営課題からでもアプローチできる、今まで誰も気づかなかった「根本的な問題」それは、社員がつくり出す「社風」にあったのです。

3つの時流

  • □理念が浸透していない
  • □部署間のコミュニケーション不足
  • □社内に一体感がない
  • □定着率が悪い
  • □事業承継や周年が近い
  • □社員のモチベーションが低い
  • □生産性が低い
  • □倫理感・モラルが低い
  • □経営方針が伝わらない
  • □新商品・設備の周知ができない
  • □事業部制やホールディングス、M&Aをした

社風づくりを行うことで解決できる
課題や、状況はこんなにもあります。

  • □理念が浸透していない
  • □部署間のコミュニケーション不足
  • □社内に一体感がない
  • □定着率が悪い
  • □事業承継や周年が近い
  • □社員のモチベーションが低い
  • □生産性が低い
  • □倫理感・モラルが低い
  • □経営方針が伝わらない
  • □新商品・設備の周知ができない
  • □事業部制やホールディングス、M&Aをした

真の課題解決は、会社を構成する目に見えない重要な要素
「社風」をいかに作るか、にあります。

「前向きで諦めない」「チャレンジ精神」「素直さ」「伝統を重んじる」「フラットな人間関係」「高い倫理観」「働きやすい環境」……もし社内でこのような言葉を発した時、綺麗事だと言われたり、白けてしまったりするのあれば、こうした言葉は社員みんなの中で共通認識になっておらず、一人ひとりの腑に落ちていない言葉だといえます。

これらの言葉がうわべだけでなく、同じ会社で働く仲間の心の中に宿るよう「共通言語」化するには、企業の目的意識の共有、理念への共感、情報の共有などを通じて、時間をかけた「社風の醸成」が必要となります。一見遠回りに見えるその取り組みが、結果的にモチベーションを高め、協調性を育み、生産性の向上や定着率のアップにつながります。
なぜなら、社風とは、社員のモチベーションと協調性を促進する目に見えない重要な要素だからです。

社風とは「意図的」につくるもの
社風とは「意図的」につくるもの

社風をつくるには、社内に共通認識や共通言語をつくる必要があります。
そのためのツールとして「社内報」をお勧めしています。

なぜ社内報なのか?

それは、社内に共通認識や共通言語を作るための一番有効なツールだからです。
そして、様々な社内広報のツールや施策の中で、「社内報」にしかできない重要な役割があります。

[社内報にしかできない役割]浸透・共 有・理解促進・円滑化

これら4つの役割がバランスよく噛み合った時、社内の士気が変わります。
「社内報」は低コストで始めることができ、社風づくりに最も効果を発揮する最適な媒体です。
だからこそ、“社風づくり支援業”であるパッションは
「社内報」の発行を通じた社風づくりをご提案しているのです。

社内報を使って、社風を意図的につくることで、
経営課題は次第に解決していきます。

社風を意図的につくるというのは、共通認識や共通言語をつくり組織の士気をアップさせること。
会社組織というのは、派閥とまではいかなくても、士気のレベルの違いにより2:6:2の層に分かれます。目標を達成したり、生産性をあげたりするためには、真ん中の6割の社員、どちらかに着くか静観している普通レベルの社員の士気を、優秀(推進派)に近づけることが重要です。

社風診断 社風の影響力客観視する。

社風診断でできること

第三者目線を入れることで真の姿が明確になる

社内の人では、自社の客観視というのはできないものです。社風診断では、自社の社風が社員のモチベーションにどのように寄与しているか。また、自社の協調性にどのくらい貢献しているかを数値化して見ることができます。まずは貴社の社風を診断してみましょう。社風づくりを始めるにあたり、定期的に診断することで、その効果を可視化することができます。

社風の可視化 自社の社風を共通言語化する(みんなが納得する言葉)

社風の可視化でできること
(より効果を上げるには社内報の発行をお勧めします)

外部の人間が取材を行うことで、生の声が拾える

社内報の発行を通じて、社員の方に個別インタビューを行い、自社の社風、社員同士との関係、上司部下の関係、仕事への姿勢などを取材し社内報の記事として共有します。それにより、社員間で共通認識が生まれ、やがて、それが社風として可視化されます。重要なのは、外部の人間が取材を行うことで、社内の人間関係に左右されない生の声が拾えるということです。社風の可視化を行うと、具体的な言葉として、社員全員が共有できるようになります。

経営課題の根本解決ツール 社内報発行支援

パッションの
社内報発行支援とは?

社内報の役割は経営課題の解決です。しかし、社員に読んでもらえない社内報では意味がありません。楽しさや親しみやすさの中にも、しっかりとした目的が感じられるコンテンツをご提案いたします。

社内の方の取材は、内輪の事情が分かっている分、一見良さそうに思います。しかし、それでは客観視することができません。外部の人間が取材をすると、社員の方々の思いを客観視して捉えることができます。社風を可視化する上ではかなり重要なポイントです。

やや堅い感じの文章から、砕けた親近感のわく文章まで、目的に応じて、さまざまな文章表現で制作することができます。社内報の発行日が楽しみになるような、そんな魅力的な社内報をご提案いたします。

社風の作り方
同調圧力が企業文化になってしまったら?
社風の作り方
社内報で共有すべきこと
社風の作り方
なぜ社内報は効くのか
社風の作り方
理念構築のプロセスに組み入れたい「ジョハリの窓」による可視化と、攀念智の解消
社風の作り方
人手不足問題を考えてみました。
社風の作り方
企業活動の中における社内報の位置付けとは?
社長ブログ
お知らせ
information

最新記事

社風診断 課題を整理して「見える化」してみませんか?
社風診断 課題を整理して「見える化」してみませんか?
PAGE TOP