社風とは「意図的」につくるもの
社風とは「意図的」につくるもの

今なぜ社風づくりが重要なのか〜3つの時流〜

売上げ拡大・コスト削減・定着率UP・クレーム対策・生産性向上・事業承継
目の前の経営課題に振り回されていませんか?

改善計画を立てても実行のスピードが遅い、社員の士気が揃わない、クレームが続く、根本的な解決にならない。
そんなご経験はありませんか。どの階層の経営課題からでもアプローチできる、今まで誰も気づかなかった「根本的な問題」それは、社員がつくり出す「社風」にあったのです。

3つの時流

  • □理念が浸透していない
  • □部署間のコミュニケーション不足
  • □社内に一体感がない
  • □定着率が悪い
  • □事業承継や周年が近い
  • □社員のモチベーションが低い
  • □生産性が低い
  • □倫理感・モラルが低い
  • □経営方針が伝わらない
  • □新商品・設備の周知ができない
  • □事業部制やホールディングス、M&Aをした

社風づくりを行うことで解決できる
課題や、状況はこんなにもあります。

  • □理念が浸透していない
  • □部署間のコミュニケーション不足
  • □社内に一体感がない
  • □定着率が悪い
  • □事業承継や周年が近い
  • □社員のモチベーションが低い
  • □生産性が低い
  • □倫理感・モラルが低い
  • □経営方針が伝わらない
  • □新商品・設備の周知ができない
  • □事業部制やホールディングス、M&Aをした

真の課題解決は、会社を構成する目に見えない重要な要素
「社風」をいかに作るか、にあります。

「前向きで諦めない」「チャレンジ精神」「素直さ」「伝統を重んじる」「フラットな人間関係」「高い倫理観」「働きやすい環境」……もし社内でこのような言葉を発した時、綺麗事だと言われたり、白けてしまったりするのあれば、こうした言葉は社員みんなの中で共通認識になっておらず、一人ひとりの腑に落ちていない言葉だといえます。

これらの言葉がうわべだけでなく、同じ会社で働く仲間の心の中に宿るよう「共通言語」化するには、企業の目的意識の共有、理念への共感、情報の共有などを通じて、時間をかけた「社風の醸成」が必要となります。一見遠回りに見えるその取り組みが、結果的にモチベーションを高め、協調性を育み、生産性の向上や定着率のアップにつながります。
なぜなら、社風とは、社員のモチベーションと協調性を促進する目に見えない重要な要素だからです。

社風診断 社風の影響力客観視する。

社風診断でできること

第三者目線を入れることで真の姿が明確になる

社内の人では、自社の客観視というのはできないものです。社風診断では、自社の社風が社員のモチベーションにどのように寄与しているか。また、自社の協調性にどのくらい貢献しているかを数値化して見ることができます。まずは貴社の社風を診断してみましょう。社風づくりを始めるにあたり、定期的に診断することで、その効果を可視化することができます。

社内報を使って、社風を意図的につくることで、
経営課題は次第に解決していきます。

社風を意図的につくるというのは、共通認識や共通言語をつくり組織の士気をアップさせること。
会社組織というのは、派閥とまではいかなくても、士気のレベルの違いにより2:6:2の層に分かれます。目標を達成したり、生産性をあげたりするためには、真ん中の6割の社員、どちらかに着くか静観している普通レベルの社員の士気を、優秀(推進派)に近づけることが重要です。

まずは、御社の「社風診断」をして
課題の整理と「見える化」をしてみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください

よくある質問

Q1.社風診断とは、何ですか?

 社風診断とは、現在の自社の社風が、自社にとってプラスに作用している良い社風か、マイナスに作用している良くない社風かを診断するものです。
弊社が考える良い社風とは、生産性(パフォーマンス)をあげることができる…という前提に立っているため、社風を測る基準をモチベーションと協調力に置いています。よって、弊社の社風診断は、モチベーション診断と協調力診断の2つの診断で構成しています。

Q2.社風診断を行うことで何がわかるのですか?

 モチベーション診断は、チームや組織のメンバーのモチベーションがどこに由来しているかを調べるもので、由来となっている内容により、モチベーションをアップさせる要素かダウンさせる要素かが分ります。診断の結果は数値で表され、この数値をあげていくために何に手をつけたら良いかが分かるようになっています。モチベーション診断は他社と比べて判断するものではなく、3ヶ月に一度など定期的に診断を行い、自社の数値をあげていくことでチームや組織のモチベーションを高いまま維持できるように改善していきます。
 協調力診断は、チームや組織の協調力を測るもので、協調を促進する6つの要素がどのくらい満たされているかを診断します。協調性というのは資質ではなく、スキルでありノウハウであるため、誰でも学ぶことができます。この診断を行うことで、チームや組織、またそこに所属する個人が、協調性を発揮するために何が不足しているかが分かるようになります。協調力も定期的に診断を行うことで、不足している要素の改善具合を見える化し、協調性が高まるようにしていきます。

Q3.社風診断は、どのように行うのですか?

 診断はアンケート形式となっており、チームや組織のメンバーが個別にWEB上で回答して頂くことで診断します。

Q4.社風診断は社員全員の診断が必要なのでしょうか?

 診断者数が多いほうが精度が上がります。しかし、営業部だけなど、部署単位で診断されても構いません。

Q5.社風診断の診断料はどのくらいかかりますか?

 診断料は人数により変わりますので、診断人数をお伺いした上で、金額を提示いたします。

Q6.社風診断を申し込むにはどうしたら良いですか?

 このページの問い合わせフォームから、お申し込みください。弊社にお申込み内容が届き次第、社風診断の活用の仕方や、具体的な診断方法や診断料など詳細な情報を返信いたします。診断料は人数により変わりますので、全ての内容にご了解いただいた上で、診断料のお支払いをお願いしています。お振り込みの確認が出来次第、診断フォームのURLを送信いたします。

Q7.社風診断の結果はどのように分かるのですか?

 診断結果はPDFファイルにてお渡しいたします。診断結果が出るまでの期間は、診断人数や混み具合により左右されますが、概ね7日〜10日程度とお考えください。
また、診断結果の活用については、ご要望に応じてご提案いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください

社内報を使った社風づくり支援

〒710-0132岡山県倉敷市藤戸町天城2465-54
TEL :090-7540-3154
E-mail:


Copyright © 2021 Passion Co.Ltd All Rights Reserved